スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


山元八郎・榊秀之 徳島県蒲生田の磯でノッコミチヌを狙う

オーナー・ザイトインストラクター山元八郎さん(徳島)とオーナーインストラクター榊秀之さん(鹿児島)の両名で、徳島県は蒲生田の磯に訪れた。
榊さんは、徳島の磯は始めてのことで、期待を膨らませての釣行となった。
出船時間を遅らした事で、あいにく目ぼしい磯は先に来られていたお客さんが磯上がりしており、我々は伊座利よりの地磯に上がった。



早速山元さんは、タナプロ仕掛で足元に仕掛を投入するが、手前は浅い為か根掛りが多く、たまにヒットしてくるのは磯ベラやハゼである。
横に並んで釣っている榊さんも山元さんと同じく、根掛かり、エサ取りに悩まされているようだ。
このような状況が2時間ほど続き、様子が変わる感じがしないので、山元さんは朝食をとることにした。
食べている最中は、榊さんのみが釣りをし、足元狙いから竿2本の距離に狙いを変更し、仕掛を投入。
狙い場所をかえても反応はなく、半ばあきらめ気味で仕掛を回収していくと、”グッ”とする重みが伝わりアワセを入れてみると、一気に竿が曲がり竿先を叩いている。
上がってきたのは、40cm前後のきれいなノッコミチヌであった。
今まで釣れていなかっただけに、非常に価値のある一匹である。



これを見て、山元さんもすぐさま竿を持ち釣りを開始するが、チヌがご機嫌ななめなのか、この一匹だけのアタリが止まり、磯変わりをする事にした。
瀬変り後、山元さんと榊さん二人並んで釣りを開始するが、たまにエサを取られる程度でチヌの気配はない。

回りの釣り人は、ポツポツとチヌを釣り上げていたが、どうも私たちの磯は反応が鈍いようだ。
そこで、榊さんはG2のウキに変更し、足元から竿1本ほどにあるシモリの間を狙うことにした。
正面から左にゆっくりと流れシモリ付近に仕掛が馴染んだ時、ウキが一瞬で消しこまれた。
あきらかに一匹目のチヌに比べ引きが強く、竿の弾力を活かしゆっくりと浮かし上げてきたチヌは、45cmの大型であった。



このきびしい状況の中2匹のチヌを釣り上げ、本当にすごいと思った。
その後も気合を入れ、二人とも釣り続けたがアタリはなく、11時をもって納竿とした。
今回は、水温の低下や納竿時間が早かったことにより2匹の釣果に終わりましたが、これからはますます釣れるとの事です。


インストラクターブログ

新年明けましておめでとうございます。

今年からオーナー・カルティバ インストラクターによる実釣レポートを開始します。
鈎の状況による使い分けや、エサの付け方など名手のこだわりや技をお届けします。
また、マル秘ウラ技やお勧めポイントなどもご紹介できるカモ・・・

ご期待下さい。


| 1/1 |

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM