スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大型尾長グレを求めて IN愛媛県中泊(なかどまり)

 11月6日・7日の2日間にかけて、愛媛県中泊の磯に行ってきました。
中泊は、四国南西部で60cmクラスの尾長が狙える、数少ない釣り場の一つであります。
 そこで、オーナーばりインストラクター江頭弘則さんに事前に相談し、6日は「大三角」の磯を手配して頂き、7日は宿毛在住で地元ケーブルテレビの「スワンフィッシング」を製作している岡崎拓さんに「コケの東」の磯に同礁してもらいました。お二人のお陰で中泊の名礁に上がれ、本当に感謝しております。
 さて、初日の大三角では最初の3時間ほどは満ち潮が残っており、本命ポイントの先端から少し離れた場所で、際狙いでアタリはあるものの、全て足元のハエで切られてしまいました。
兵庫から一緒に同行した香山さんも同じようなアタリがありましたが、全てハリス切れでした。 
 午前11時ごろから潮が下げ、先端のポイントに移動し、再び際狙いに徹しましたが、全て切られてしまい、合計で7回ものバラシをしてしまいました。自分の腕の無さにホトホト愛想をつかしてしまう思いでした。
 なぜ、これほどまでに際狙いに集中するかと言うと、際でしか大型の尾長が釣れにくいからです。
近年の中泊の尾長は、非常に警戒心が強く、流れの中や遠いポイントではヒットせず、安全な際回りでしか当たってきません。仮に遠くのポイントで当たっても、高水温の為、サメの餌食になってしまいます。
そう言う訳で、初日はバラシの一日で終了しました。残念でなりせんでした。
 2日目は、岡崎さんも加わり3人で「コケの東」で釣りをしました。
最初の2時間は、上げ潮が残っていたので、上げ潮で実績のある裏側の水道筋に香山さんが入り、私と岡崎さんは、表向きのポイントとしました。雨も強く降り、辛い状況での開始となりましたが、竿一本ほどの距離で2ヒロのタナでサラシ先端付近に馴染ませていくと、ウキが消しこまれました。
すかさず合わすと、グイグイと引っ張ります。慎重にやり取りして浮いてきたのは、45cmほどの口太グレでした。
本命の尾長でないにしろ、グレが釣れてくれてなによりです。



 その後も、40cmほどの口太を2匹とイサギを追加したので、アタリがない香山さんを呼んできて、表向きで釣りをしてもらいました。
すると、直ぐに40cmほどのグレと30cm前後のイサギが掛かりました。香山さんも初日は釣果が無かったので、釣れてくれて本当に良かったです。
 10時過ぎから本命の下げ潮に変わり、岡崎さんが連発でイサギを掛けますが、サメに喰われてしまいます。
それでも、何とか4匹のイサギを岡崎さんは追加しました。流石です。
結局、良い下げ潮が流れているにもかかわらず、サメの影響で釣果に恵まれず、納竿時間を迎えました。
 今回は、あいにくの釣果で終わりましたが、10月半ばから大型尾長は釣れており、「大三角」では60cmオーバーが釣れております。
これからは水温も下がりだし、より釣りやすい状況に変わってきますので、ぜひ皆さん、足を運んで頂きたいです。

当日の仕掛
道糸:ザイトフラッシュRX3号
ハリス:ザイト磯フロロ3号
ハリ:速攻グレ6号をメインに拳グレ・ハヤテグレなども使用
パーツ:スクラム潮受(イエロー)

利用渡船
末光渡船(初日):0895-82-0165
愛媛渡船(二日目):0895-82-0198


スタッフ hg


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM