スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヒラメ釣りIN和歌山日の岬

 11月13日(土)週刊つりニュースさんの取材で和歌山県日の岬沖へ・・・・
いよいよ本格シーズンを迎えるヒラメ釣りに挑戦してきました〜

お世話になったのは、湯浅港より出船の『第二早勝丸』さんです。
初めての釣り&取材という高いハードル設定での出港となりました


1時間程走った所で、まずは餌になる鯵の確保開始 
餌が釣れない事には本命GETは夢のまた夢
気合を入れてサビキ釣り開始 
当初の心配をよそにナイスサイズの鯵が次々釣り上ってきます

30匹程度確保できた所で本命ポイントの日の岬沖へ移動
鯵をセットし、いざ釣り開始

初挑戦という事もあり船長に色々質問。

ポイントは・・・・・・

.織覆鬚っちり、こまめに探る。(ヒラメは底から1mまでの範囲で反応)
竿は動かさない。フラフラさせない。(活餌が不自然に動き喰わない)
1舵佞韻倭覗瓩、やさしく。

と、ざっくり書きましたが他にも色々と細かく教えて頂きました〜

船長の教えを元に着底〜誘いと繰り返しますが、中々アタリはありません
何度も移動を繰り返し、仕掛けを投入し続けます。
すると、ゴンゴンときました〜

すーっと巻きながら誘いを入れると竿が「グーン」と入ったところで、
合わせを入れあがってきたのは・・・・

『アカヤガラ』

何とか魚の顔が見れて少し安心
がっ これでは終われな〜〜い
しかしその後も怪しいアタリが何度かあるものの、乗らず・・・・・

そうこうしていると・・・ゴンゴンアタリが来ました〜
またまた誘い上げると「グーン」と海面に竿先が突き刺さり、大物の予感
かなりの抵抗をみせ上がってきたのは・・・・・・
残念今回は外道のメジロ君

その後アタリが続かず大きく移動

水深は70m潮も動き出しいい感じ・・・・すると・・・・
右隣の釣り人の竿が大きく曲がっているではありませんか
あがってきたのは50cmぐらいの本命ヒラメちゃん

と同時に左隣の釣り人にもアタリが・・・・&私にも来ました〜
残念ながらお隣さんは・・・・・
カミカミされた、鯵のみがご帰還されました・・・・・
私はというと・・・・
やってしまいました〜気合のフッキングが仇となり痛恨のすっぽ抜け
前アタリの後しっかり食わせる為、長めに待って誘いをいれた所で本アタリが、2度目に竿が締めこまれたところで、フッキングまではよかったんですが・・・・・

そういえば・・・・
船長のアドバイスにあわせは聞き合わせでよいと言われていました・・・・・・・・



その後はアオリイカの猛攻にあい鯵がかじられるばかり・・・・


で納竿となりました。
また詳しくは11月29日発売の『週刊つりニュース関西版』を読んでくださいね〜


これから本番を迎えるヒラメ釣り。
非常にスリリングで楽しい釣りでした。坊主の可能性も高い釣ではありますが皆さんも1度挑戦してみてはいかがでしょう?

スタッフ 大東

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM