スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


週刊つりニュース 中部版 〜カワハギ編〜

今回、約1年ぶりに週刊つりニュース中部版のカワハギの取材に行ってきました。
昨年は、カワハギに関しては坊主だったので、今回は名古屋近辺の某釣具店のエキスパート達に、念入りに情報を得て今回の取材に備えました。
今回の仕掛は、直撃ハゲに新製品のバラ鈎の攻め剥ぎ5・6号、ハリス6cm
鉛は30号統一でその鉛にケミペタ(ケミホタルを両面で貼る)を片方に付けました。

当日はAM6:30に出港し40分ぐらいが今回のポイント、伊良湖岬の沖合です。
船長曰く今日の潮はこの辺がよく動くという事で、ポイントに着くと早速、特上あさりを付け仕掛を落としました。瀬戸内とは違い、水深は約12m〜15m。そんな中、3投目ぐらいで週刊つりニュースのM氏にワッペンサイズが釣れました。
M氏は船から支給されたエビとアサリを交互に付けてましたが、やはりアサリに喰ってきたようです。
しかし、私には全然当たりがありません・・・。

そこで秘密兵器の登場です!カワハギ中オモリに、黄色のタコベイトをつけて誘います。
すると1投目から当たりが出始め、2投目に派手なタタキを入れるとようやく18cm程の本カワハギが釣れました。



やはり、喰わせハゲ等とは違い、この攻め剥ぎはオートマチックにかかりました。形から掛かりは良いだろうなとは思ってたんですが、当たりと同時に掛かっていました。
その後は、23cm程の巨ベラや15cm〜25cmぐらいのショウサイフグの猛攻にあいましたが、どうにか24cmを頭に3匹ゲット!



結局M氏も5匹、船中竿頭で10匹とカワハギに関しては、かなり渋い釣果となりましたが、新製品の「攻め剥ぎ」はかなり素晴らしい鈎だと再認識しました。


最近、この辺りではショウサイフグがのぼり調子ということでで皆さん、カットウも持ち込み楽しんでおられました。


お世話になった「まつしん丸」さんのHP
http://www.matusin.com/です。


今回の詳細につきましては12月6日発売の『週刊つりニュース中部版』をご覧ください。


スタッフ TOYO


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM