スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


中泊・菰淵(こもぶち)の磯へ

 11月27日(土)・28日(日)に中泊と菰淵(こもぶち)の磯に後輩のT君と行ってきした
初日は、中泊の横島北側「ナカサキ」に上がりました。
 この日は、北西風が強く、地元クラブの大会も重なり、南向き一級ポイント「コケ」・「ゲンジ」・「ノコ」に上がれず、テンションも激下がり
デカバン尾長を狙うには一級磯で最高の潮が流れないと釣れないので、南側の磯に上がれないことは、事実上、デカバンとは巡り合えないのです



案の定、風は強く釣りづらく、尾長のアタリもなく、時折、得体のしれない魚がラインを切っていくだけで、14時の納竿を迎え、残念な釣果で終わりました

 次の日も、中泊でがんばろうと思いましたが、クラブ大会が日曜日もあるとのことで、菰淵に移動しました。
それに菰淵だと、初心者のT君も小型グレなら嫌でも喰いつくので、磯釣りを満喫してもらえます。
 午前5時頃出船し、「黒島高場」に到着。上げの潮が御五神方向に流れており、喰いつきそうな雰囲気です



そして、菰淵では、「黒島高場」「タナ前」「黒島4番」「黒島5番」などは、尾長も狙える場所なので、期待が持てます。
御五神に流れる潮に流し込んでいくと、一気にラインが走りました。2投目の事だったので、一瞬ビックリしましたが、浮き上がってきたのは、35僂曚匹糧長グレでした。小型ですが、尾長グレはうれしいものです



この一尾で今日は尾長の数釣りができると期待しましたが、その後、尾長のアタリは途絶え、釣れてくるのは30僂泙任慮太グレばかりです
一ヒロほどのタナで入れ食いで、T君もグレ釣りを堪能しています。また、T君にとっては人生初の30僖ーバーも掛かり、満足そうでした
私も、小型(25僉腺械沖僉砲任靴燭50匹ほどを釣り上げ、、楽しい一日を過ごし、14時に納竿としました




 帰港すると、大ウルシの1番・2.5番に上がった釣り人は、45僖ラスの口太グレを2枚釣っていました 
これから、菰淵は口太グレの大型が狙えるシーズンとなります。特にウルシ周辺の磯は有望で、北西風にも強い釣り場です。 
時間も16時までと長く釣りができますので、寒グレ釣りを堪能できますよ。ぜひ、足を運んでみてください
 さて、来週の日曜日は、週刊つりニュース関西の取材で、和歌山県見老津の磯でグレ釣りです。良い報告ができるようがんばってきます 

菰淵での仕掛 
道糸:ザイト磯フラッシュRX2号
ハリス:ザイト磯フロロ1.5号
パーツ:スクラムストッパー(イエロー)
ハリ:速手グレ4号〜5号 瞬貫グレ5号など

利用渡船 
初日   えひめ渡船(中泊) 0895-82-0198
二日目  影山渡船(菰淵)  0895-63-0002



スタッフ hg


スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
無料ブログ作成サービス JUGEM